文月 悠光×池田 絢子【詩×タブラLIVE】tokone展クロージングイベント

パーティ


11月11日で4周年を迎えるWearable art brand「tokone」。

11月11日(水)~28日(土)のドゥアン・ダーオでの展示の最後を記念して、

詩人・文月 悠光×タブラ・池田 絢子によるセッションライブを行います。

乙女の奏でる幻想的なひと時をお楽しみください。

 

日時:2015年11月28日(土)

開場13:30 開演14:00

料金:2000円+ドリンク代別

【お申込方法】こちらのサイトからお申し込みください。

Peatix:http://peatix.com/event/125776

当日ご予約の画面を会場にてご提示の上、参加費を現金でお支払いくださいませ。

 

★文月悠光(ふづき・ゆみ)

詩人。1991年北海道生まれ、東京在住。高校3年の時に出した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞。近著に詩集『屋根よりも深々と』。書評やエッセイの執筆ほか、NHK全国学校音楽コンクール課題曲「ここにいる」の作詞、「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」での詩の朗読など広く活動中。

http://fuzukiyumi.com/

 

 

★池田 絢子

打楽器を村松達之氏、タブラを U-zhaan、Pt.Anindo Chatterjee、Anubrata Chatterjee各氏に学ぶ。
湘南暮らし。毎年冬三ヶ月間、カルカッタ暮らし。
インド古典音楽の他にも様々なジャンルのミュージシャンと共演し、
精力的に演奏活動中。
柳原陽一郎、minakumari、YAMPKOLTのレコーディングに参加。
町田『万象房』タブラ教室講師。

ayako

 

【tokone】
あらゆるジャンルを超えたアーティストたちと
tokoneやり取り=「交換日記」方式で生み出される
タイツ達をキャンバスに見立て
足にまとうART作品として
tokoneではタイツ・レギンス・オーバーニーなどの
レッグウエアを提案しています。

「一人一人の持つ大切な瞬間」を意味する現在進行形を
「tokone」(トコネ)という言葉で表現し
タイツをツールに、世界中をかけてゆくtokone

タイツは人と人とを結ぶツール

人と人とを繋ぐ明日に架ける橋であり、明日を駆ける足なのです

すべての足もとに
モードなエレガントさをまとわせ
刺激的でありつつ 優しく SEXYに
咲かせるトコネ . . .

http://to-ko-ne.shop-pro.jp/